文京区小石川、春日駅・後楽園近くの形成外科・皮膚科。女性医師が、こどもから大人まで、皮膚のトラブルに幅広く対応いたします。

切り傷

切り傷にも、鋭い刃物で切った傷から、角にぶつけてパクッと割れるように切れた傷まで、さまざまです。

切ったところから出血しているときには、切ったところをまずはしっかり圧迫しましょう。指先を切ると、ちょっとびっくりするくらい血が出て慌てると思います。ちょっと圧迫したくらいでは、血もなかなか止まりません。

「先から血が出ているんだから、根元を縛ればいいんだ!!」と、急いで指の付け根をゴムで縛り始めたあなた。やめましょう。中途半端に縛ると、かえって指には血がたまり、出血がひどくなります。

また、力任せに縛ると今度は完全に血が行かなくなり、縛った先の組織に障害が生じる心配があります。とにかく傷の部分をしっかり圧迫。止まらないなら圧迫したまま病院へ行きましょう。

医療機関では、切り傷の患者さんが見えた場合、まずは以下のような傷の状態をしっかり観察します。

  • どの部分が切れているか
  • どれくらいの大きさ、深さで切れているか
  • 傷は汚れているか
  • 手の傷なら、切った先の指に運動や感覚の異常はないか
  • 顔の傷なら、顔の動きに異常はないか etc

しっかり圧迫しても出血が続くようなら、局所麻酔(注射の麻酔)をかけてから縫合処置をします。また、いったん止血していても、すぐに出血しそうだったり、深く切れていたりといった場合には、やはり麻酔をして縫合することになります。

局所麻酔の注射は、確かに少々痛みを伴いますが、細い針でゆっくり注射することで、痛みはかなり抑えられます。麻酔をかけてしばらくすると、見る見るうちに傷の痛みは感じなくなります。この状態で、傷の汚染があれば、しっかり洗う処置をします。時には歯ブラシでゴシゴシ、なんてことも・・・。麻酔や洗浄の下処理が終わると、ようやく縫合です。

私の専門の形成外科では、入局してまず最初のステップが「傷を綺麗に縫合できるようになること」。また、「傷を愛護的(=丁寧に、優しく)扱う」ということも、徹底的に叩き込まれます。それだけ、傷を綺麗に治すことに情熱を傾けている科だと申せましょう。私自身いつも、「早く良くなれ、綺麗に治れ」と願掛けしながら傷の処置をしています。

さて、どうしても麻酔をして縫合が必要な場合については説明しましたが、血は止まっている、傷もそれほど深くない、汚染の心配もないそんな傷の時には、どうするのか。局所麻酔の注射が痛いとうこともあり、特にお子さんの傷では、悩ましいところです。親御さんからもしばしば「縫ったほうがいいんでしょうか?」と尋ねられます。

そんなときの私の答えは・・・正直ケースバイケースです。

ただ一つ言えるのは、お子さんの年齢や傷の場所、深さ、大きさ、汚染状態などなど、すべてを考慮に入れた上で、一番いいと思える方法をお勧めしている、ということです。病院に行くような怪我、というのは、生涯でそうそうするものではないだろうと思います。心配なことや疑問があれば、お気軽にご来院ください。