文京区小石川、春日駅・後楽園近くの形成外科・皮膚科。女性医師が、こどもから大人まで、皮膚のトラブルに幅広く対応いたします。

おでき・皮膚のできもの・しこり

「おでき」とひとくちに言っても、皆さんのイメージは様々でしょう。 一般的には、皮膚にできたしこりやふくらみ、赤く腫れて盛り上がった状態など、すべて「おでき」という言葉で表現されているようです。

クリニックにも「おできができました」という訴えで受診される患者さんはたくさんいらっしゃいます。「おでき」と呼ばれているもので、比較的よく見られる例には次のようなものがあります。

赤くも痛くもないが、皮膚や皮下にしこりを触れ、徐々に大きくなるもの

皮膚腫瘍・皮下腫瘍…皮膚や皮下の組織の一部が異常に増えて塊になったもの

この中で、特によく見られるのが粉瘤(アテローム)です。

粉瘤(アテローム)とは、角質をつくる細胞でできた袋が皮膚の中に生じ、徐々に袋の中に角質がたまって大きくなっていく腫瘍です。多くは何の症状もないままに、少しずつ大きくなっていきますが、擦れたり圧迫したりといった刺激をきっかけに赤く腫れてしまうと、少々厄介です。
下記「炎症性粉瘤」の項目を参照

できれば、何の症状もないうちに、手術で袋をそっくり取り除いたほうが良いでしょう。袋が小さい内なら、傷も小さくて済みます。皮膚腫瘍や皮下腫瘍は種類も様々です。中には悪性のものも少ないながら存在します。気が付いたら、特に症状が無くても早めに医療機関でチェックしてもらうことをお勧めします。

赤く腫れて、痛みのあるふくらみができているとき

せつ、よう…毛根の組織に細菌感染を生じ、赤く腫れた状態

せつは1本の毛の炎症、ようは複数の毛に炎症を生じた場合を指します。
炎症が軽度の場合には、抗生物質の内服と外用で収まりますが、炎症が進んで膿が溜まると薬の効きも悪く、痛みや腫れも強くなるため、切開などの方法で溜まった膿を出す処置が必要になります。

炎症性粉瘤…前述の粉瘤という腫瘍の周りに細菌感染を生じ、赤く腫れて痛むようになった状態

軽症のうちは抗生物質の内服と外用で様子を見ますが、炎症が進んだ場合には皮膚を切開し、溜まった膿を出す処置を行います。この際、可能な限り粉瘤の成分である袋や、袋の中身の角質を除去した方が、炎症も早く収まります。


当院では、局所麻酔での腫瘍切除手術も行っています。 手術による傷跡は避けることができませんが、形成外科専門医が細い糸で丁寧に縫合し、なるべく目立たず綺麗に治るよう配慮しています。また、腫瘍の状態によっては関連施設の病院へのご紹介もいたしますので、お気軽にご相談ください。