文京区小石川、春日駅・後楽園近くの形成外科・皮膚科。女性医師が、こどもから大人まで、皮膚のトラブルに幅広く対応いたします。

首のイボ(アクロコルドン)

年齢とともに、首やわきの下に小さなイボが出来て、だんだんと数が増えてくることがあります。襟のあいた洋服を着た時に見えたり、タートルネックを着るとちくちくしたり、ネックレスが引っ掛かったりして気になる、という方も多くいらっしゃいます。

首のイボは、どうしてできるの?

一般的にイボと呼ばれる状態には、ウイルス感染によるもの(尋常性疣贅や伝染性軟属腫)と非感染性のものがあります。首にたくさんできてくるイボの多くは非感染性で、大部分は次に説明するアクロコルドンとスキンタッグです。

アクロコルドンとスキンタッグは中高年以降に目立ってきますが、20歳代から徐々に出来始めます。これらのイボが生じる原因はわかりませんが、首以外にもまぶたやわきの下、胸など皮膚が薄くて弱い部分に見られる傾向があります。皮膚の良性腫瘍の一種で、特に心配な病気ではありませんが、衣類でこすれたり、ねじれたりして炎症を生じることがあります。

首のイボの種類

首によくみられる代表的なイボは次の三種類です。見た目や大きさで区別していますが、基本的には同じようなものなので、これらは混在して見られます。イボの種類や大きさによって治療法は異なります。

首のイボの種類

どのように治療するの?

小型のもの(アクロクルドンとスキンタッグ)

  • 液体窒素を用いた冷凍療法(保険治療)
    -200℃近い超低温の液体窒素で冷却した特殊なピンセットでイボを摘むようにして凍結します。凍結した部分は1~2週間後、かさぶたになって自然に脱落します。スキンタッグの治療に適します。
  • ハサミで切り取る(保険治療)
    少し乱暴な感じですが、小さなイボならハサミで切り取ってもほとんど出血しません。スキンタッグの治療に適します。
  • 炭酸ガスレーザー(自費治療)
    盛り上がった組織を瞬時に蒸発させます。アクロコルドンの治療に適します。

炭酸ガスレーザー(自費治療)施術前と施術後

大型のもの(軟性線維腫)

  • 手術(保険治療)
    局所麻酔を用いた簡単な手術です。イボの根元をメスで切り取って、傷を縫い合わせます。
  • 炭酸ガスレーザー(自費治療)
    局所麻酔を用いて、イボを根元で焼き切ります。1cmを超える大きなイボの場合には手術の方が適しています。

小さなイボで数が少ない場合は、その場で治療可能ですが、数が多い場合は日にちを分けて処置します。また、手術や炭酸ガスレーザーでの治療は後日予約で行います。