文京区小石川、春日駅・後楽園近くの形成外科・皮膚科。女性医師が、こどもから大人まで、皮膚のトラブルに幅広く対応いたします。

クリニック紹介

女性医師が患者さんの皮膚のお悩みに形成外科と皮膚科の両面から最適な治療をご提案いたします。傷の湿潤治療(うるおい治療)にも力をいれています。

院内風景

受付

受付

スタッフが笑顔でお出迎え致します。初診の方はその旨をお伝えください。再診の方は診察券をお出しください。

当院では、ご来院前に問診票のダウンロードもできますので、ご利用ください。

問診票(PDF)

待合スペース

待合スペース

広々とした待合スペースには、雑誌やお子様向けの絵本など、患者さんがおくつろぎいただけるような空間をご用意しております。

診察状況案内板

待合スペースにある案内板では、診察中の方の番号、診察待ちの方の番号、待ち人数が確認いただけます。

当日クリニックにご来院いただく前に、オンラインまたは電話(音声自動応答)から診察の受付をすることができます。従来通り直接ご来院いただき、院内の窓口での受付もおこなっています。

診察室

診察室

患者さんの症状をよく聞き、お一人おひとりに最適な治療をご提案いたします。

どんなことでもかまいませんので、お気軽にご相談ください。

パウダールーム・化粧室

パウダールーム・化粧室

パウダールーム
当院では専用のパウダールームをご用意いたしました。美容相談ご希望の方は、こちらでメイクを落とすこともできます。

化粧室
化粧室では、小さいお子様をお連れのお母様方に配慮し、お子様が勝手に扉を開けられないよう2重ロックの扉(上と下)や、赤ちゃんを座らせておけるベビーキープを用意しております。

エレベーター

エレベーター

クリニックはビルの地下1階にあります。ビルにはエレベーターがありますので、車椅子の方やベビーカーでの方も安心してご来院ください。

※駐輪・駐車スペースはございません。

協力医療機関

  • 東京大学医学部付属病院形成外科
  • 東京医科歯科大学付属病院形成外科
  • 国立国際医療研究センター形成外科

院長 手島玲子

院長 手島玲子

略歴
平成12年 東北大学医学部卒業
東京大学医学部形成外科教室に入局し、 東京大学医学部付属病院、 旭中央病院、静岡県立こども病院、 国立国際医療センター戸山病院で形成外科を習得
平成22年 関東中央病院皮膚科見学生
平成24年 てしま皮膚科・形成外科 開院

資格
  • 日本形成外科学会認定専門医
  • フランシラナチュラルセラピストスクール
  • リンパドレナージメディカルコース修了
  • 北欧式メディカルフットケアコース修了
  • VHO式巻き爪矯正法ライセンス取得
  • B/Sスパンゲ巻き爪ケアセミナー修了
所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本皮膚科学会
  • 日本抗加齢美容医療学会

ごあいさつ

私は、生まれも育ちも文京区です。
医師になってからも、自分を育んでくれたこの街に、いつかお返しをしたいという思いを抱いていました。このたび念願かなって、ここ小石川の地に開院することができました。

皮膚のトラブルは目に見えるため、悩んだり、憂鬱になったりするものです。 一見単純そうな「かゆい」という症状だけでも、生活に支障をきたすことは多々あります。 当院は、患者さんにとってわかりやすい説明を心がけ、安心して治療を受けていただけるようなクリニックでありたいと考えております。

また、私の専門とする形成外科は、傷の治療のエキスパートです。
擦り傷・切り傷・やけどなど、日常でも遭遇することの多い怪我に幅広く対応し、できるだけ痛みが少なく、きれいに治す治療法を選択します。

お子さんの急な怪我では、「どこの病院に行ったらいいのかわからない。」と途方にくれる親御さんも多いでしょう。そのような時にお役に立てれば、同じ母親として私自身うれしく思います。

女医であることを生かし、女性ならではの肌の悩みである、しみ・しわ・くすみなどにも対応いたします。女性のキレイと健康を応援するクリニックとして、美容皮膚科にも力を入れています。

てしま皮膚科・形成外科は、「すこやかなお肌のサポーター」です。どうぞよろしくお願いいたします。

てしまクリニック院長 手島玲子

ロゴマークの由来

てしまクリニック ロゴマーク(もも)

ふんわりすべすべとした手触り。ほんのりピンクに色付いた果皮... 桃の実は、綺麗な素肌を連想させます。

そんな桃の実に、てしまのイニシャル『T』をあしらい、当院のロゴマークとしました。

桃はまた、邪気を払い不老長寿をもたらす植物として、古来日本や中国で親しまれてもいます。

皆様が、活き活きと健やかに月日を重ねていくためのお手伝いをしたい。それが、当院の願いです。