文京区小石川、春日駅・後楽園近くの形成外科・皮膚科。女性医師が、こどもから大人まで、皮膚のトラブルに幅広く対応いたします。

ほくろ(切除・レーザー治療)

「ほくろ」と一口に言っても、その種類は様々です。形も丸いものや、楕円形をしたもの、膨らんだものや平らなものなどなど。色も、黒っぽいものや茶色いもの、青みがかったもの、普通の肌色とほとんど同じものなど、バリエーションに富んでいます。

ほくろの治療を始めるに当たって、何よりも大切なのは、まず「悪性かどうか」を診断することです。 その際、患者さんから伺うこれまでの経過が、非常に重要になります。

  • 今までに無かったほくろやシミが出来て、急に大きくなったということはありませんか?
  • 子供の頃からあったほくろが、急に大きくなったり、色や形に変化が出てきたということはありませんか?
  • 色が非常に濃かったり、形がいびつだったり、周囲に色がにじみ出たような部分があったりはしませんか?

ほくろの診察ではこのような点をよく確認し、ダーモスコープという特殊な検査器具も用いて診断します。患者さん本人が、皮膚がんの可能性を強く心配されている場合や、医師がより詳しい診断を要すると判断した場合には、手術で切除し、病理検査で悪性の有無を確認します。この際の治療は、保険適応となります。

診察の結果、悪性の心配はまず無く、詳しい検査も必要ないと判断された場合、ほくろの除去は自費治療となります。この際、考えなければならないのが「どのような方法で取れば、もっとも仕上がりが綺麗になるか」ということです。

ほくろはしみと異なり、皮膚の深い層までメラニン色素が存在します。また、ほとんどメラニン色素を作らないほくろの細胞も中には存在します。多くのほくろは、組織を蒸散させるタイプのレーザーで治療が可能です。盛り上がったほくろもこの方法により、平坦で滑らかに仕上がります。

ほくろの色素が深い層まで存在する場合は、メラニン色素をターゲットにしたレーザー(Qスイッチレーザー)を併用することで、くぼみを残さず綺麗に仕上げることができます。また、ほくろの色が比較的茶色っぽく、形も平坦な場合には、前述のQスイッチレーザーで治療することもできます。肌への負担が少なく、傷の保護も直後を除けばほとんど必要ないのが利点です。

ただし、しみ治療とは異なり1回のレーザー照射でほくろが消えることはなく、除去には2、3か月おきに複数回のQスイッチレーザー治療を重ねることになります。 ほくろの状態をよく拝見し、患者さんのご希望も伺って、もっとも適切な治療法を提案させていただきます。

自費診療料金

自費診療 料金表