文京区小石川、春日駅・後楽園近くの形成外科・皮膚科。女性医師が、こどもから大人まで、皮膚のトラブルに幅広く対応いたします。

じんましん(蕁麻疹)

突然、虫刺されのような赤いふくらみが皮膚に出現し、強いかゆみを伴います。ふくらみの数は増えたり、くっつきあって地図状になることもあります。こすれたり、圧迫されたりしやすい場所に生じる傾向があります。皮膚だけでなく、口やのどの粘膜、腸管などにも生じることがあり、このような場合、呼吸困難や下痢をきたします。

原因は特定できないことも多く、じんましんの症状を抑えるため、抗ヒスタミン剤の内服による治療が主体となります。症状が強い場合には、ステロイドの内服および抗ヒスタミン剤やステロイド剤の注射も行います。

発症の状況や、血液検査などから原因が明らかな場合には、その除去を行います。じんましんの原因は、食べ物、アレルゲンとの接触、物理的刺激(こすれる、日光に当たる、冷たいものにさらされるetc)、体温の上昇など、実にさまざまです。