文京区小石川、春日駅・後楽園近くの形成外科・皮膚科。女性医師が、こどもから大人まで、皮膚のトラブルに幅広く対応いたします。

Qスイッチルビーレーザーによる しみ・あざの治療

Qスイッチルビーレーザー しみやあざには色素が表皮内に存在するもの(老人性色素斑、そばかす、扁平母斑など)と真皮内に存在するもの(太田母斑、外傷性刺青、異所性蒙古斑など)があります。この両方に高い効果をあげる唯一の治療機器がQスイッチレーザーです。

Qスイッチレーザーにはルビーレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーの3種類があります。

その中でもQスイッチルビーレーザーの波長は694nmとしみの原因であるメラニン色素に対し吸収が高いため、ほとんどのしみやあざを効果的に治療することができます。

レーザー照射直後にしみは白色に変化します。その後、赤くなり最終的に黒褐色の薄いかさぶたになります。

レーザー照射後は患部を保護するシールを貼っていただきます。洗顔や入浴などは当日より可能です。また、患部をテープで保護した上からお化粧するのも問題ありません。

シールはご自身で毎日交換していただき、1週間後に経過をチェックするため受診していただきます。多くはこの時点でレーザー後のかさぶたが取れ、シールも不要になります。

しみのレーザー治療をご希望の方は、まず美容相談を受けていただき、レーザー治療に適した状態かどうかを医師が判断いたします。治療の対象となる場合は、施術日の予約をいたします。

お顔のしみ相談をご希望の患者さんへ
お顔のしみの相談では、診察前にメイクをすべて落として頂くようお願いしております。治療したいしみが部分的でも、お顔全体のメイクを落として頂きます。自費診療(美容治療)についてのページもあわせてご確認ください。
自費診療について

自費診療料金

自費診療 料金表