文京区小石川、春日駅・後楽園近くの形成外科・皮膚科。女性医師が、こどもから大人まで、皮膚のトラブルに幅広く対応いたします。

当院の自費診療(美容治療)に対する基本概念

当院では形成外科・皮膚科の一般診療の他に、自費治療(保険適応外の治療)も行っています。

ひとくちに「しみの治療」といっても、日光性色素斑・肝斑・炎症後色素沈着・脂漏性角化症・遅発性太田母斑(ADM)・雀卵斑(そばかす)といった、様々な診断名の色素性病変が含まれます。

それぞれ治療のアプローチも異なりますし、患者さんの肌質も異なります。また、時を重ねるとどれか1種類のシミだけではなく、複数種類のシミが存在しているケースがほとんどです。

患者さんのご希望の治療が、その方のお悩みを解消するのに必ずしも適してないことも少なくありません。また、実際に診察してみたら保険対応の治療が必要な状態のこともあります。

患者さんによって使えるお時間・ご予算も違います。大切なお金と時間です。できることなら、より有効に活用していただきたい。そんな思いから、医師の知識と経験をもとに患者さんにあった治療方針を立て、治療の優先順位を提示させていただいています。

ですから、施術前の診察(ご相談)はとても大切な時間になります。

また、当院は患者さんに安心して治療を受けていただけるような、保険診療が中心のクリニックでありたいと考えています。そのためには、無理に自費治療の受け入れ枠を増やすわけにもいきません。

自費治療の施術の予約は、お受けできる曜日・時間が限られています。施術の内容によっては二診体制の日にしか予約をお取りできなかったり、広範囲のレーザーをご希望でも小範囲しかお受けできないこともございます。

当院の事情をご理解の上で、それでもなお治療をご検討いただけるのであれば大変光栄です。
よろしくお願いいたします。

診察料

初診料 3,000円(税抜)
再診料 1,000円(税抜)

※施術前の診察(ご相談)には、施術の有無に関わらず診察料がかかります。
※治療には診察料とは別に施術料が必要です。

施術の予約が必要ないもの

診察(ご相談)のみ、処方のみ、ピアスの穴あけ、ピアストラブル、巻き爪ワイヤー治療中のトラブル
一般診療と同様に、オンライン・専用電話・院内の窓口で受付をいただくことで、予約がなくても診察・施術できます。

施術の予約が必要なもの

Qスイッチルビーレーザー、炭酸ガスレーザー、ほくろくり抜き手術、サリチル酸マクロゴールピーリング、イオン導入、ヒアルロン酸注射、ボトックス注射(しわ、多汗症)、巻き爪ワイヤー治療

施術の予約に先立って診察(ご相談)を受けていただきます

診察(ご相談)を受ける前に、施術の予約を入れる事はできません。
施術前の診察(ご相談)は通常の診療時間内に受付してください。ご予約の必要はありません。受付の際、「美容関係の相談」「しみの相談」「しわの相談」などのご希望をお伝えください。

施術の予約ができる時間

午前 10:00~12:00
午後 15:00~17:00

※施術予約日当日のキャンセルや変更希望は、キャンセル料(3,000円)が発生いたします。詳しくはこちらのキャンセル規定をご覧ください。
※土曜診療での自費治療の施術予約はお受けしていません。(診察・ご相談のみ可能)

キャンセル規定

当院では、保険手術および自費診療の施術を、日々限られた予約枠で行っております。
このため、患者さんのご希望の日時に予約をお取りすることができない場合も多いのが現状です。
しかし、せっかくご予約いただいても、所定の日時に来院されず、キャンセルの連絡も無いことがございます。予約枠が活かせないこととなり大変残念に思います。
このような事態を踏まえ、2017年2月より当院に於いてキャンセル料の規定を設けることにいたしました。
治療を必要とし、当院での施術を希望してくださる患者さんに予約をしていただけるよう、ご理解とご協力をいただければ幸いでございます。

2017年1月
てしまクリニック院長 手島玲子

  1. 予約の変更・キャンセルは、前日(休診日の場合は直前の診療日)の診療終了時(平日18:00、土曜12:30)までにお電話でご連絡ください。日曜・祝日・年末年始の休診期間中などは診療日にカウントされませんのでご注意ください。
  2. 予約当日に変更・キャンセルをされた場合、また、事前のご連絡なく来院されなかった場合はキャンセル料(3,000円)をいただいております。
  3. 予約時間より15分以上遅れてのご来院の場合、施術時間が短くなる場合がございます。内容変更、時間短縮ができないほどの遅刻の場合は、上記の当日のキャンセル規定が適用されますので、予めご了承ください。
  4. キャンセル料は次回受診時の診療前にお支払いをお願いいたします。キャンセル料のお支払いにご同意いただけない場合は、診療を承れません。

 

お顔のしみ相談をご希望の患者さんへ

お顔のしみの相談では、診察前にメイクをすべて落として頂くようお願いしております。治療したいしみが部分的でも、お顔全体のメイクを落として頂きます。

しみ相談でノーメイクをお願いする1番の理由

それは、肝斑というお肌のくすみがあるのか、無いのかを確認するためです。肝斑とは、頬や額、鼻下などにモヤっと左右対称に広がる薄茶色のくすみです。ホルモンの影響、ストレス、摩擦刺激などで生じるとされますが、はっきりとした原因は分かっていません。

そして、肝斑のある患者さんでは、レーザー後の色素沈着が高い確率で発症するという報告があります。そのような患者さんにレーザー治療を行う場合には、前もって肝斑の治療を行うなどの準備が大切です。肝斑の存在に気づかず、無防備にレーザーを当ててしまうと、強い色素沈着を生じる危険があるのです。

よほど濃い肝斑でない限り、くすみ感はベースメイクで簡単に隠されてしまいますから、やはり、正確な診断のためにはノーメイクが必須です。

パウダールームをご用意しています

パウダールーム・化粧室

みなさまに安心してメイクしていただけるよう、当院ではパウダールームをご用意しております。 来院時点では、メイクをしたままでも構いません。パウダールームにはクレンジングをご用意しております。

診察終了後に使っていただけるよう、保湿剤や日焼け止めなどの基礎化粧品もございますが、ファンデーションやポイントメイクのご用意はありません。必要な方は、お手持ちの化粧品のご持参をお願いいたします。

自費診療(美容治療)の内容

自費診療料金

自費診療 料金表